お部屋の身軽化計画

シンプルな暮らしに憧れる主婦のお部屋の身軽化日記です。

蜂がベランダに群がって巣作りをしていたので自力で駆除しました。

洗濯日和のとある日曜日に、気持ちよくベランダに洗濯物を干していたところ、目の前に蜂がユラユラ飛んできました。

私は蜂に限らずベランダに飛んでくる虫は全てダメです。

「ひぃっ!」という声が出て、洗濯物を全て回収して急いで部屋に入ろうと振り返った時に、とってもやばいものを発見しました。

なんか窓枠のところに蜂が群がっている・・・。。。

 

 

ちなみに我が家の間取りはこんなかんじです(賃貸)

f:id:damarin:20170913143916j:plain

いつも、LDKの窓から出て洗濯物を干していますが、

 

私が出入りする窓とは別の窓の端っこで、蜂が群がっていました。

f:id:damarin:20170913144001j:plain

 

群がっているというか、

 

巣作りしていました。

 

 

 

 

↓ 部屋の中から見た蜂さんの写真が出てくるので苦手な方は注意してください

 

 

 

 

 

 

部屋の中から見たらこんなかんじに。 

f:id:damarin:20170913144626j:plain

見にくいですが外からの目視で蜂さんを20匹ほど確認しました。 

部屋の中からドンドン!と叩いたりしてもビクともせず。黙々と巣作りに励んでいるようでした。 

 

夫と相談し、

「どうする?」「やっつけるしかない」「そうだね」

約3秒で「駆除するしかない」ということが決まりました。

 

 

 

蜂の駆除(自力)に向けての下準備

蜂の種類を知ろう

夫が「何蜂だ?」とインターネットを検索していたので、私は「多分アシナガバチだと思う」と答えました。目の前に飛んできたのを目撃していたし、なんとなく田舎育ちの直感でアシナガバチだと思ったのです。

調べてみると、アシナガバチは足が長くてフラフラ飛ぶとのこと。

対して、スズメバチは素早く飛ぶらしい。

 

やはり、、、。

私が見たのも目の前にフラフラやってきたやつだったので、絶対アシナガバチだよーということになりました。おそらく見張り役だったのではないかな。

 

どうやって駆除するのがベストなのか

私たちは蜂に関して素人で、知識も何もありません。

  • 管理会社に連絡する?いやいや・・蜂の巣作りごときで?
  • 市役所に連絡して駆除してもらう?いやいや・・そんな大げさな。

自分たちでどうにかするしかなさそうです。

キンチョールでいけるかな?コールドスプレーでやっつけたって言ってる人がいる!など、ネットの情報を見たものの「とりあえず、コーナンに行こう」と、ホームセンターに足を運ぶことになりました。コーナンに行けば、詳しい人もいるかもしれないしね。

 

 

コーナンで見つけたすごいもの

コーナンに行くと、お店に入ってすぐの一番目立つところに害虫駆除のスプレー特集が組まれていました。

蟻とか蚊とかダニとかGとか・・・色々な害虫駆除スプレーなどが陳列されていましたが、

まさかの蜂駆除スプレーのコーナーを発見!

予想していなかった、蜂専用の駆除スプレーがあった。

しかも結構売れてるし。

夫と「蜂に困ってるのは私たちだけじゃないんだね」と、蜂と戦う勇気をもらいました。

 

蜂の巣を作らせない ハチ・アブ用ハンター蜂駆除スプレー

コーナンには驚きの商品がありました。

▼こちら

f:id:damarin:20170913150611j:plain

 

▼拡大

f:id:damarin:20170913151016j:plain

 

じゅ・・・10メートル!!??

すげえ・・・こんなことってありますか?

まさかの蜂専用スプレーがあり、しかも10mの超強力ジェット噴射ですよ?

 

もちろんすぐに購入し、夫と小躍りしながら帰ってきました。

 

 

すぐに終わった蜂との戦い

どうやってこのスプレーを使おうか、、

夫が考えたのは、蜂がいる場所の反対側の窓を少し開けてスプレーし、噴射するというもの。

うんうん。10mの激ジェットなので、届くかもしれない。

ダメなら外に出てやってみよー。

というわけで、反対側の窓を少し開けてシューッとすることになりました。

 

ちなみに、「俺がやるからお前は子供達を頼む・・・」(みたいなことを言っていた)と、ここぞとばかりに夫は頼りになりました。

 

私と子供2人は別の部屋に避難。 蜂が部屋に入ってきたら危ないしね。

 

 

蜂駆除スプレーの威力たるや凄かった

部屋を締め切り、私たちは隣の部屋に避難が完了し、夫はスプレーを使いました。

私と息子たちは「パパが頑張ってるから!」と、静かに待機。

 

シューー(約2秒)

 

あ、音が聞こえた。

って、それだけ?1回のシューだけ?

どうなの。。どうなのー!?とか思っていると夫が「こっちに来ていいよー」と言うので急いで行き、窓の外を見ると多くの蜂さんがベランダに転がり、瀕死の状態になっていました。(かわいそうなので画像は無し)

 

私「え、やっつけたの?たった2秒くらいシューしただけで?」

夫「うん」

 

  

キンチョーの社員さんに感謝

その瞬間を私は見ていませんが、夫の話だと、反対側の窓からスプレーを持った手を出し、シューっと数秒間。それだけで蜂は四方八方に散らばるように逃げ出し、飛ぶこともままならない蜂さんはベランダに落ちて息絶えたようです。

す、すごすぎる。。

これはキンチョー社員の日々の研究開発があってこそですよね。

すごい。私、キンチョーの社員さんにお会いしたことはありませんが、もしどこかでお会いした時にはお礼を言いたいです。

 

 

まとめ

  • 賃貸なのにベランダで蜂が群がってるよどうしよう→駆除しよう
  • ベランダに群がる蜂は駆除できる?→できる
  • どうやって?→キンチョーの蜂駆除スプレーを使う
  • ご近所さんの洗濯物とか大丈夫?→暗くなってから戦おう
  • 怖いから近寄れないけど?→10mの激スゴ噴射だから大丈夫

注意点として、今回はアシナガバチの駆除で、しかも窓枠に巣作り中の20匹程度の蜂を巣ができる前に駆除したことを記事にしました。

巣作りをしている場所や蜂の数、巣ができてしまった場合や、アシナガではなくスズメバチだった場合などはまた違った話になってくると思いますので、きちんと調べて、安全を確保して駆除をすることが必要です。

 

 

おわりに

翌日ベランダを見ると、瀕死ながらもまだ生きている蜂が数匹いました。すかさずスプレーをシューっとすると、1時間後には息絶えていました。よかった。

死んでしまった蜂はとりあえず放置し、週末に回収して捨てようと思っています。それが終わったらこの戦いも終了です。

 

秋は蜂が凶暴になる季節らしいので、注意しましょう。