お部屋の身軽化計画

お部屋の身軽化計画

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

いつも使っている日用品、全て把握しストックしています。

 

日用品はある程度の量をストックしています。

ストックするためのポイントは、日用品を管理することでした。

 

日用品の管理とは

  • 日用品の種類を知る
  • 日用品の金額を知る
  • 日用品の収納場所を決める

ということ。

もちろん、管理することでのメリットもありました。

 

 

 

種類を知る。我が家の日用品ラインナップ

ここでの日用品は、日々使うものです。

キッチンで毎日使う洗剤、トイレ掃除の洗剤、お風呂で使うシャンプーやボディソープなど。普通に毎日使っているもの。

 

種類を知ることのメリット

日用品を把握してみて、「私、日用品、全然把握してなかったな」と思いました。

きちんと把握することで

  • メーカーや規格が分かる
  • 他のものに目移りしない
  • 何を買うか分かっているので買い物がすぐに終わる
  • 買い忘れがちな日用品を忘れない

メーカーや規格をしっかり把握できるので、お店で「これかな?」「これとこれ、どっち?」「何を使っているか忘れたから家で確認してまた来よう」みたいな、曖昧なことが無くなりました。

 

また、「いつもはこれを使うけど、こっちのが安そうだからこっちを使ってみよう」というような、急に他のものを買ってしまうことも無くなりました。

結果、お店ではお目当のものを探すだけなので、買い物がすぐに終わるようになりました。

存在を忘れがちな日用品も、リストを見ると思い出すことができていいかんじです。

 

 

我が家の洗面所・お風呂で使う日用品・15個

f:id:damarin:20170412153246p:plain

我が家で洗濯洗剤やボディソープ、シャンプーなどお風呂や洗面所で使うものたちです。

個人で別々に使っているものもあってなんだか無駄が多いような感じ。

 

トイレで使う日用品・5個

f:id:damarin:20170412154122p:plain

「トイレで使ってるものとかあんまり無い」と思っていましたが、意外とありました。しかもどれもまんべんなく使っているものばかり。

ブルーレット・消臭スプレー・トイレマジックリンは、買い物の際に存在を忘れがちな日用品です。

 

キッチンで使う日用品・7個

f:id:damarin:20170412154259p:plain

ジョイくらいしか思いつかなかったけど、意外と使っているものがありました。

ストックと言いながらもホイル・クッキングシート・アルコールは滅多になくならないのでその都度購入しています。

キッチン用の手洗いせっけんは洗面所と同じものを使っています。置き場所は洗面所なのでキッチンにはストックしていません。

 

その他の日用品・4個

f:id:damarin:20170412154324p:plain

フローリングシートは1度購入したらしばらく使えるのでストックはしていないのですが、忘れがちなのでリストに入れました。

 

   

 

金額を知る。”この値段なら買う金額”

  • イオン
  • ロハコ
  • ドラッグストア①
  • ドラッグストア②
  • ホームセンター

日用品の種類を把握した後に、次は5つの店舗で金額を調べました。

店舗によって強み弱みがあるようで結構値段が違ったりして面白いです。

 

こんな感じで店頭でスマホに値段をメモ

f:id:damarin:20170417143514p:plain

日用品の種類を書き出し、お店に行った時に値段を見てスマホにメモしていきました。

地道な作業です。

 

 

エクセルで最安値で買えるお店と日用品名をまとめ

f:id:damarin:20170417132954p:plain

なんだかこれを公表することで、だいぶケチ臭いかんじが出てしまいますね。まあいっか。

スマホにメモしたお店、商品名、金額を見ながら最安値のお店での金額をエクセルにまとめていきます。

 

 

日用品の金額を把握するメリット

  • 最安値の値段で買うことができる
  • 最安値を知っているので買うときの判断が簡単
  • 買わない選択ができる
  • 買うものを決めてお店に行くので買い物がすぐに終わる

 

最安値を知っていると新しいお店に行った時やセール値段になっている時に最安値と比べてどうか?を確認して買うか買わないかの判断ができます。

 

セール品を見て「あ、安〜い」と買ったけど、別の店に行ったらもっと安くてがっかり。

 

とか

 

セール品の値段を「本当に安いの?どうなの?ちょっと買うの止めとくわ」(本当に安かったことを知り後で後悔する)

 

とか

 

間違えてめっちゃ定価の値段で買ってしまって後で後悔する

とか。

 

そのようながっかりを防ぐことができます

 

 

注意点がある

そうは言っても商品の金額は同じお店でもちょこちょこと変化があるようです。

なので、自分のリサーチ時の金額と現在の金額を見比べたり、他店と比較してみたり、買う前に確認しています。

 

 

 

収納場所を決めると在庫の確認がしやすいです

収納場所を決めると在庫が分かりやすい

場所を決めておくと、あるか無いかをすぐに確認できるようになったので買い物前の準備がとても楽です。

買い物の前にさっと在庫を確認し、足りないものや無くなりそうなものをメモすることで、買い忘れ防止につながります。

 

洗面所・お風呂で使う日用品は洗面台の下

f:id:damarin:20170417132339j:plain

扉を開けて右側に洗剤やシャンプー類を置いています。

左側の引き出しの中に洗顔や歯磨き関係など。

洗面所とお風呂場で使うものは洗面台の下に収納します。

 

 

 トイレで使う日用品はトイレの棚上

 f:id:damarin:20170417132318j:plain

トイレの中に置いています。棚上の大きいボックスの中です。

 

▼中はこんなかんじ

f:id:damarin:20170417132417j:plain

生理用品なども入っていますが、その一角にトイレマジックリンや消臭スプーレーなどを入れています。 

トイレで使用するものはトイレにストックします。

 

キッチンで使う日用品はシンク下の引き出し

キッチン台の下の、大きめ引き出しの中にストックしています。 

f:id:damarin:20170417132437j:plain

キッチンでがっつりストックしているものは食器洗剤のジョイくらいです。 他はゴミ袋やジップロック、割り箸などを一緒に入れています。

あと別のところにスポンジのストックもあります。

  

 

 

 

おわりに

「お店側は、お客をお店にいかに長い時間滞在させるか」を考えて商品の配置などを考えているというのを聞いたことがあります。

滞在時間が長くなるほど消費してしまうのが人間の習性らしい。

消費者から見ると、お店は客に長い時間滞在させて無駄に買わせようとしているということ。

消費者としては「フン、そんなのに引っかかってたまるか」ですね。

 

ストック日用品を管理することにより、店頭でメーカーや金額などで迷ったりしなくていいし、買い物はすぐに終わるし、お店にいる時間が少なくてすむようになりました。

お金も時間も無駄にする「無駄な買い物」をしなくなったことは良かったと思っています。