お部屋の身軽化計画

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

2LDKで3人暮らし。せまい部屋に住んで感じる6つのメリット

 

「あえて選んだせまい家」を読みました。

あえて選んだせまい家 (正しく暮らすシリーズ)

せまい家をあえて選ぶってシンプルライフに通じていそうだなあと思いながら読み進めていましたが途中で、そういえば我が家も「あえて」せまい部屋を選んだことを思い出しました。

 

 

 

 

「あえて選んだせまい家」で紹介されているメリット(抜粋)

  • 収納力が高められる
  • 家にある物の管理がしやすい
  • 家が整理される
  • 物が多くないから身軽になる
  • 掃除がすぐに終わる
  • 必要なものにすぐに手が届く
  • 立地がいい
  • 家にかける金銭的負担が減る

せまい=不便と考えがちだし、広い家はなんとなく憧れがありますが、あえてのせまい家でのシンプルライフです。無駄がなくて素敵と思いました。

 

紹介されている内容

30〜59㎡の家(マンション)に住んでいる8家族のことが紹介されていました。

  • 間取り
  • せまい部屋のメリット
  • 物に対する考え方
  • インテリアのこだわり
  • 収納アイデア
  • せまくても妥協しないこと

などなどが丁寧に書かれていて共感することも多かったです。

 

 

我が家の間取りについて

f:id:damarin:20170403153009j:plain

  • 3人暮らし
  • 2LDK・55㎡
  • 築20年くらい

和室に布団を敷いて寝ています。

洋室は、デスクやタンス・大人の着替えなどを置く部屋になっています。

収納場所は廊下に棚が2つと、和室に押入れが1つ、洋室にクローゼットが1つです。

 

 

 

物件選びで優先したこと

いちばんに考えたのは、家賃と立地(夫の会社から近いこと)でした。

家賃のこと

家賃は、ありがたいことに借り上げ社宅なので相場の10%くらいの手出しです。

しかし広い部屋に住むほど手出しが多くなってしまう社内規則があるため、手出しが少なくてすむように55㎡という広さを選びました。

 

立地のこと

大阪は駐車場代が高いので、2台持ちだった車を1台にしたいと思っていました。そのためには夫が車通勤しなくていいように、会社の近くに住むことが第一条件でした。

会社の近くなのでそれなりに利便性が良い場所です。(徒歩10分程度でコンビニやスタバがあります)

 

候補の物件が2つあったけど選んだのはせまい方でした

今住んでいるところ以外にもう1つ、すぐ近くの大きなマンションを候補にしていました。

大きいマンションゆえに駐車場が立体駐車場で駐車場代も高い、85㎡くらいなので家賃も高くなる。夫が下見に行ったところ「広すぎる」とのことで却下していました。

私も「プラス1万円か2万円になるなら、せまい方を選んでそのぶんを貯金か生活費に回したい」と思い、かなり迷いましたが今のところに決めました。

 

 

 

せまい部屋のメリット6つ

家賃が抑えられる

先に書いたように、広い部屋に住むよりも家賃が抑えられるので貯金や生活費に回せるお金が増えます。

一度住むところを決めてしまうとコントロールできなくなる家賃。安いに越したことはありません。

 

掃除が楽なこと

「あえて選んだせまい家」を読んでいて、確かに片付けや掃除が楽というのに気づきました。

掃除機をかける際、コンセントを外すことなく全ての部屋を終了できます。時間も10分くらい。

また、ダイニングテーブルでご飯を食べ終わった後の食器を一歩も歩くことなくシンクに戻すこともできる。

片付けるためにあれこれ歩き回る必要がないです。

 

いろんなものに手が届きやすい

トイレに行ったり、掃除機をかけたり、冷蔵庫の飲み物をとったりするときに、手が届きやすいです。ソファから2〜3歩で冷蔵庫があるし、トイレも廊下を出るとすぐにあります。

楽なのが良いかどうかは別として、楽です(笑)

 

モノを購入することを真剣に考える

私は、モノを増やしたくない、という思考になりました。

何か買うときは「収納場所は?」「本当に使う?」「使わなくなったらどうする?」とよーく考えるようになり、商品のことだけではなく、買った後の収納場所や使用頻度などに納得してから買うようになりました。

たとえばトースターや食器洗浄器などは収納場所がないから我が家にはありません。それでも「大変」とは思わないし、もしも購入するとしたら収納場所を確保してからです。

 

見える範囲に子供がいる・行動が読みやすい

キッチンにいながら、息子がソファから飛び降りたり、ソファの背もたれのところを歩いたり、テレビ台に乗ったり、小さい椅子の背もたれに座ったり、危険行為をしているのが確認できます。

落ちてもすぐに助けに行けるし、行動も読みやすく注意できるので助かっています。

 

トイレや洗面所が近い

近場にあるとなんとなく安心感があります。

先日、伊勢志摩旅行に行った時のホテルで、部屋が思った以上に広くて「トイレまで行くのが結構めんどくさいなあ」とか「お風呂もあんな遠くにあるから不審者がいないか不安だ」などと思っていました。

 

 

おわりに

私は結構、ズボラな性格です。

だから広い部屋だと物を置きっぱなしにしそうだし、そんな部屋だとどんどん汚なくなっていくだろうし、お金の心配をして生活するのはかなりのストレスだし、家の中でトイレが遠いとトイレに行くのもめんどくさくなって更に掃除まで面倒になる可能性もあります。

今の部屋はせまいけど、管理(物の把握や掃除や片付け)がしやすいのがとっても楽ちんで、スムーズに生活できていると感じます。身の丈にあった部屋なんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

▼このような記事もあります

布団を押し入れに収納するようになりました 

damarin.hatenablog.com

 

 

 かさばる部屋着の収納についてです

damarin.hatenablog.com

 

 

 キッチンの収納についてです

damarin.hatenablog.com