読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お部屋の身軽化計画

シンプルな暮らしに憧れる主婦のお部屋の身軽化日記です。

ハンガーや洗濯バサミの収納

洗濯するときに、ハンガーや洗濯バサミを効率よく取り出すためにホームセンターや100均のアイテムを使用しています。

また、2歳児がいるので散らかし防止のためにも子どもの手の届かない場所に収納しています。

 

スッキリ使えるハンガーや洗濯バサミの収納方法

 

ハンガーの収納方法

  • 使用するもの・・・突っ張り棒
  • 場所・・・廊下にある狭い物置の上部

(こちらの記事の上部です)

突っ張り棒を施し、そこにハンガーをかけるだけです。

f:id:damarin:20170120135144j:plain

左側が子供用、右側が大人用です。恥ずかしながらクリーニングに出したときのハンガーを使用しています。。

ハンガーを突っ張り棒にかけて収納するメリット

  • 取り出しやすい
  • ハンガーが増えても収納可能
  • 上の方はもともと使っていない場所なので設置が簡単。突っ張り棒をするだけで場所を確保できた
  • ドアがあるので普段は見えない

季節によってハンガーの数が増えたりしましたが、今のところは収納できなくなることがないので便利です。使う時は簡単に取り出せて、使わない時は目に見えないというのが気に入っています。

 

 

 

洗濯バサミと洗濯ネットの収納方法

  • 使用するもの・・・S字フック、小さいバッグ
  • 場所・・・洗濯機と壁の間

洗面所ではランドリーラックを使用しています。

f:id:damarin:20161007150557j:plain

ニトリで購入しましたが、アマゾンにも似ているのがあるみたい。

 

S字フックは家で余ってたやつを使用。

f:id:damarin:20170120140644j:plain

 

小さめバッグの中に洗濯バサミを入れています。

色がごちゃごちゃしてますが、収納時は見えないので問題ないです。

f:id:damarin:20170120135248j:plain

 

洗濯機と壁の間にかけています。

f:id:damarin:20170120135208j:plain

 

洗濯ネットも同じ場所にかけています。かけられる部分がついているものを選びました。

f:id:damarin:20170120135312j:plain

洗濯ネットと洗濯バサミをS字フックに収納するメリット

  • 洗濯機のそばにネットがあるので見つけやすい
  • 洗面所で洗濯物を干すので洗濯バサミが取り出しやすい
  • 洗濯バサミ置場が決まっているとスッキリ
  • 普段は見えない場所なのでスッキリ

洗濯や干す際に、使いたいものが洗濯機横にあることで、すぐに手に取れるところがお気に入りです。また、S字フックはランドリーラックにかけているので洗濯機を回しても振動で落ちることがなく安心できます。

 

 

まとめ

ハンガーや洗濯バサミの収納は今のところ満足しています。

  • 取り出しやすい
  • 使わない時は目につかない
  • 置き場所が決まっている
  • 子どもの手に届かないので散らからない

以上の4点が気に入っている点です。

 

 

おわりに

以前住んでた場所では、ハンガーを、ケース・引き出し・クローゼットのポールなどに収納していましたが、季節によって洗濯物の量が増えたときに収納できなくなったり、使わないときは邪魔でした。突っ張り棒にかける収納にしてからは、そういうことがなくなりスッキリ洗濯できています。