お部屋の身軽化計画

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

加湿器にこびりついていたスケール。クエン酸を使ってごっそり除去しました

 

加湿器を使うには早い季節ですが、子どもが風邪をひいて寝込んでいたため治るまで使っていました。

もうすぐ冬だし、出したままにしておこうかと思いましたが邪魔なので収納します。

その前に、せっかくなのでしっかりお手入れしてみました。

 

クエン酸で加湿器のお手入れ

 

 

 

クエン酸を使って加湿器のお手入れ

 

お手入れする場所の確認をしておく

お手入れする場所はこの3つ

  • タンク
  • 送風ガイド
  • 加熱槽

 

タンクはこちら

f:id:damarin:20161001105051j:plain

水を入れる容器。

使うたびに流水ですすぐのであまり汚れはないです。

 

 送風ガイドはこちら

f:id:damarin:20161001105151j:plain

このまま見ただけでは汚れているかは分かりにくいです。

 

加熱槽はこちら

f:id:damarin:20161001105229j:plain

送風ガイドを外すと加熱槽が出てきます。加熱槽の中がスケールがガチガチに固まっているのです。

あと、送風ガイドの汚れが目立ちます。

 

 

 

さっそくお手入れ開始。タンクと送風ガイドは簡単に。

要点である3つの場所を確認し、お手入れに入ります。

 

タンクの中身をスポンジで洗う

f:id:damarin:20161001225436j:plain

食器用洗剤を使いスポンジで洗いました。

 

 

送風ガイドの底はクエン酸ペーストを使う

こんな感じになっています

f:id:damarin:20161001123911j:plain

黄色に変色していてザラザラ。

 

 

f:id:damarin:20161001124144j:plain

クエン酸を水を使ってペースト状にします。

スポンジでゴシゴシします。

 

 

f:id:damarin:20161001225314j:plain

黄ばみは取れないけどザラつきは取れました。

 

 

 

加熱槽のお手入れは時間がかかりそう

こちらが過熱槽の中。

f:id:damarin:20161001114442j:plain

写真だとヌルヌル系の汚れに見えますが、実際はガッチガチに固まっています。

スポンジなんかでは取れそうにないです。

 

説明書を読むと、クエン酸洗浄で150分の加湿を2〜3回繰り返してくださいとのこと。

2回やったとして5時間!?

いやいや。そんな時間はとれないし、そもそも乾燥してない部屋を加湿するのは嫌です。

 

 

 

加熱槽のスケールはクエン酸を使ったお手入れ(自己流です)

というわけで、マニュアル通りだと乾燥していない部屋を5時間加湿することがわかりました。

それは無理。

ここからは自己流で、様子を見ながらすすめていくことにしました。

 

準備したもの

f:id:damarin:20161001124735j:plain

説明書にはクエン酸を使うように記載されているので、クエン酸は使えるということ。

クエン酸と割り箸でゴシゴシしようと思います。

 

 

クエン酸と割り箸を使ってみる

f:id:damarin:20161001113349j:plain

とりあえずクエン酸を10gふりかけると、シュワシュワーっと効いている様子。これはいいかも。

 

f:id:damarin:20161001113250j:plain

水をためて、さらにクエン酸を30g入れました。

割り箸でこすると黒く濁ってきました。

20分ほど放置後、割り箸でゴシゴシ。手の感触で取れている感がありました。期待できるー!

 

水で流すと

 

f:id:damarin:20161001113637j:plain

ばーん。

結構取れた!底はキレイに取れました。

でもサイドがまだカチカチ。

 

f:id:damarin:20161001113822j:plain

もう一度、水をためてクエン酸を30g入れ20分ほど放置のパターン。

 

しかし、2回目は割り箸でゴシゴシしても、あんまり取れている感がないです。

割り箸だと効き目がなくなってきた様子です。

 

 

マイナスドライバー登場

f:id:damarin:20161001114635j:plain

マイナスドライバーに登場していただきました。

(マイナスドライバーは壊れないように慎重に、自己責任のもと使用しています。)

 

ゴシゴシ、ガシガシ、、、

 

水が濁ってきて手の感触もかなり取れてる感が伝わってきます。

水で流すと

 

f:id:damarin:20161001114000j:plain

ペローンと、色々取れました。

更にまだ残ってる部分をマイナスドライバーでガシガシ、、

 

で、水で流すと

f:id:damarin:20161001114212j:plain

ツルッ。

 

ようやくアップに耐えれられる状態になりました。

 

固まっていたスケールは、キレイに全部取れました。

 

 

スケールが、きれいに取れました

f:id:damarin:20161001114758j:plain

ごっそり取れたスケールたち♡

 

元はただの水道水だったのに、お手入れしてないってコワイです。

 

 

 

乾燥して、お手入れ終了です

お手入れが終わったら、お風呂場で全て乾かしてすっきり。

 f:id:damarin:20161001225508j:plain

  

 

 

加湿器のお手入れ・まとめ

 

我が家の加湿器は、3年ほど前に購入したこちらのものです。

TOSHIBA スチームファン式 加湿器 KA-R35(W)(ホワイト) KA-R35(W)

 

毎年、しまう時に手で取れるスケールは取り除いていましたが毎年取れないスケールが固まってガッチガチでした。

そんなスケールもクエン酸と割り箸とマイナスドライバーで取れましたー!

 

「スケール除去  クエン酸  取れる」とか、

「加湿器のスケールをクエン酸で取ってみた」とか、

ネットで調べてもよく分かりませんでしたが、加湿器のスケールはホントにクエン酸で取れました。

 

嬉しい♡

 

 

 

おわりに

 

説明書によると、加熱槽のお手入れは、

月に1度は水を抜いてやわらかい布で水あかを拭き取る

ということを推奨していました。

なので、今回のスケール除去の方法は、「よい子は真似しないでね」ってやつかも。

  

私もこの冬は月に1度のお手入れを忘れないようにしたいです。

 

 

 

 

 

お掃除関係の記事です

今年の大掃除は11月から少しずつ始めています

damarin.hatenablog.com

 

damarin.hatenablog.com

 

 

フロアワイパーはコスパ重視で選びたいです

damarin.hatenablog.com

 

布団を押し入れ収納にすると部屋がすっきりします。

damarin.hatenablog.com

 

 

我が家のトイレ掃除事情です

damarin.hatenablog.com