お部屋の身軽化計画

シンプルに暮らしたい、日々の記録。

台所のスポンジは5個で105円のものを使って衛生的でコスパ良し!

キッチンでの食器洗い用に、5個で105円のスポンジを使っています。

以前は1個150円くらいのスポンジを使っていました。見た目もシンプルでなかなかヘタらないし洗いやすくてお気に入りでした。2週間くらいは使えるし。となると1ヶ月で2個使っているということ。

 

節約を意識するようになって「もっと安いのないかな?」と、キッチンのスポンジが目に止まり、しかもキッチンのスポンジって家の中でいちばん汚いので、衛生的にしたいなーと、早々と改善項目となりました。

 

 

 

キッチンのスポンジは台所でいちばん汚いらしい。

なんとなーく想像はつきますが、台所のスポンジは汚いらしいです。私は管理栄養士で集団給食の現場にもいたことがありますが、スポンジが汚いというのは当たり前の常識です。

そのため集団給食の現場では、普段使いのスポンジは

  • 魚用
  • 肉・卵用
  • 調理器具類用

と、分けて使用していました。ちなみに食器類は調理場とは分かれているので食器類のスポンジも分けていると言えるでしょう。

また、スポンジは食区ごとに煮沸消毒がルールとなっていました。食区というのは朝ごはんを作ったら消毒、昼ごはん後に消毒、夜ご飯後に消毒、、というもの。「いやいやご飯を作るのに人もコンロもシンクも精一杯なのに、そんなもんやってられるか」と厨房に言われても、できるように考える。。というのも栄養士の仕事なのです。

そのように食中毒対策として、集団給食のプロ達がこぞって気をつけているモノがスポンジです。

 

家庭でもできるスポンジの衛生管理は週1交換

スポンジを用途ごとに分けたり、煮沸したり、、そこまで家庭でする必要は無いだろう、、と判断し、私は週に1回のスポンジ交換をしています。

そこまで家庭でする必要がない、、、という判断の理由は、家ではご飯を作ったらすぐに食べるからです。

集団給食で食中毒予防に気をつけまくる理由は、時間が経ってから食べるから

前もって大量にご飯を作り、決まった時間に提供するのが集団給食です。

  • 朝ごはん・8時提供のものを5時から作る
  • 昼ごはん・12時提供のものを8時から作る
  • 夜ごはん・18時提供のものを14時から作る

食数などにもよりますが、ごはんは4時間前から作るのが一般的です。

作ったごはんは、常温放置の場合は2時間以内に提供、保温保冷ができる場合は4時間以内に提供などという決まりがあります。(保温保冷の温度管理のルールもあり)

時間に厳しい理由は、時間とともに増える食中毒菌の増え方に関係しています。もしもごはんに食中毒菌が付いてしまっていても、これくらいの増殖なら食中毒にならないラインが2時間と4時間なのです。

 

ですが、我が家では料理を使ってすぐに食べることがほとんどなので、そこまでする必要はないと判断しました。

 

 

週1交換はゴミの日に行えば忘れない

スポンジを用意しても、交換するのを忘れたらルーチン化することができません。が、週2回のゴミの日のどちらかで交換すると決めたことで、忘れる心配はなくなりました。

もちろん、週に2回のゴミの日があるなら週に2回の交換でも良いとは思いますが、それは新品同然のスポンジを捨てることになってしまうので、もったいないなーと思ってしまいました。

 

▼このような研究結果も出ているみたいです

いくら消毒してもムダ?食器を洗う台所用スポンジに衝撃の研究結果 - ライブドアニュース

 

 

スギ薬局のスポンジは5個で105円で使いやすくてコスパがいい。

f:id:damarin:20160921092119j:plain

我が家ではこちらのスポンジを使っています。カラフル、、、

  • 見た目は正直2点くらいです。
  • でも使用感は良いです。
  • 泡立ちも良いし洗いやすい。
  • そして1個21円という安さ。

私のスポンジ使い方と交換のタイミング

f:id:damarin:20160925132128j:plain

泡立ちは普通。(洗剤はJOYです)

  • 1週目は食器洗いに
  • 2週目は排水溝やシンク洗いに
  • 3週目に捨てます。
  • 結果、衛生的。

毎週、新しいスポンジを使えることは思っていたよりすごく気持ちがよくて、自分に合ってるなーと感じます。毎週金曜日にゴミの日に捨てているので、1ヶ月に4〜5度の交換のためにスポンジを購入しても105円です。 

  

おわりに

週1のスポンジ交換は意外と簡単です。

長年使っていたものをちょっと見直すことで衛生的にもなり、家計にも優しい。家族に迷惑もかけずにできる家庭の改善項目の一つだと思います。