お部屋の身軽化計画

シンプルな暮らしに憧れる主婦のお部屋の身軽化日記です。

里帰り生活・実家で快適な生活を送りたい

里帰りし、出産が終わり、赤ちゃんとの生活が始まっています。

出産前は「こんなにのんびりしていいのだろうか」という思いはあったものの、出産後しばらくは過酷な日々になると想像できるのでその生活を受け入れることにしていました。

出産後、私の床上げも終わり、次男は生後1ヶ月になろうとしています。

私の体はおそらく順調に回復し、赤ちゃんの睡眠サイクルにも慣れてきて、再び「こんなにのんびりしていていいのだろうか」と言う思いが出てきましたが、自宅に戻ると3歳の長男と0歳の次男の、日中はいわゆるワンオペ育児が待っているのだからと割り切りこの記事を書いています。

 

 

2人目出産・快適な里帰り生活を送りたい

年に2〜3回しか帰らない実家、10年以上前に家を出たので自分の部屋は既に無い。

妊婦時代「前と違って子供がいるし、里帰りしたらどうやって生活したらいいんだろう」と考えても答えがなかなか出てこなかった私でしたが、実家でできるだけ快適に生活するために実家で行ったビフォーアフターをまとめておきます。

 

 

快適生活のためにはプライベート空間が必要

年に数回の帰省の時は、リビング隣の和室に布団を敷いて3人(夫・私・息子)で寝ていました。里帰り当初は帰省した時と同じように、和室で2人(私・息子)で寝ていたのですが色々と不便になって2階の旧・私の部屋に移ることを決めました。

 

不便な理由はいろいろあって、愚痴になりかねないので省きますが要は

  • 一人(with息子だけど)になりたい!
  • ごちゃごちゃしたところで暮らしたくない!
  • プライベート空間大事!
  • 自由は大事!

15年くらい実家を離れて暮らしているので、今更両親との常に一緒の共同生活は正直きつかったです。それがただの2日だけでも。

里帰りして2日目で1階のリビング隣の和室に見切りをつけ、父に相談し「2階の旧・私の部屋に移動しよう」ということを決めました。父に相談したのはその方が賛成してくれそうだったから。

 

 

旧・私の部屋への移動・ビフォーアフターはこんなかんじ

f:id:damarin:20170710163234j:plain

Beforeではこの部屋は荷物置き場化していましたが、Afterでベッドを端っこにくっつけることで3歳息子が落ちることなく眠れるし、床がスペースとして使えるようになり、そこにはテレビやテーブルを置きました。

新たに生活用品を購入

  • カーテン
  • 折りたたみテーブル
  • テレビとHDD

出産までの里帰り先の部屋のベッド以外のスペースはこんなかんじでした。

f:id:damarin:20170608153901j:plain

 

 

さらに産後に模様替え

f:id:damarin:20170710163059j:plain

妊婦時代の里帰り生活も悩んでいましたが、同じく産後の生活もどこでどうやって過ごすのがベストなのか悩みに悩みました。結局、産前に使っていた2階の部屋を模様替えして赤ちゃんと私がそこに寝ることにしました。

 

私はベッド②に寝ていますが、そこからの風景はこちら。

f:id:damarin:20170710163157j:plain

移動式の棚にパソコン置いてブログを書いています。

3歳の長男は夜は私の母と一緒に寝ているので赤ちゃんが寝ているときは私はフリーダム!とってもありがたいです。快適。ま、夜中に赤ちゃんが泣こうが寝まいが全て私一人でお世話するのですが。

それでもプライベート空間で暮らせるということはほんとメンタル面で重要です。

 

 

2階に移動・プライベート空間を確保してよかったこと

産前

  • 夜、息子が寝た後もテレビやパソコンを楽しめる
  • 昼、息子が1階でお昼寝中は2階に上がってきてひとりになれる
  • 息子が両親どちらかと遊んでいる時はひとりになれる空間がある
  • テレビを録画してドラマとか見れる

妊婦時代、特に臨月になってからは昼間もキツくて眠くて。ホルモンバランスのせいにしてベッドにごろごろお昼寝しテレビとか見て過ごしていました。夜は息子が寝てしまえば途中で起きることはないのでテレビやパソコンの時間をとれるし、気楽にすごしていました。

臨月になったら動いた方がいい!と言うけどそんな気にならずぐーたら生活でしたが予定日1週間前に生まれました。

 

産後

  • ひとり(with赤ちゃんだけど)になれる
  • 両親や長男の生活音が気にならない
  • 静かに授乳できる
  • いつでも寝れる
  • 夜中、録画したテレビを見ながら授乳できる
  • 夜中、赤ちゃんが泣いても両親や長男に聞こえない

産後は24時間つきっきりの新生児育児なので、だらだらする時間もあまり取れずあっという間に1日が過ぎていきます。外出できないので結構ストレスが溜まるのですが、テレビを見まくってストレス回避しています。

旅番組と海外ドラマとジャニーズに癒されています。

 

 

快適な里帰り生活って難しい

里帰り生活を快適に送るために、まず行ったことは親に遠慮することなく自分の部屋を持つことを提案するということでした。

快適生活といっても外はめっちゃ田舎です。

素敵な田舎ではなく、過疎化が進むただただ不便な方の田舎なのです。それでも道路の整備や開発が進んでいて進化をしている場所だといいのですが、ユニクロ西松屋に行きたいだけなのに20年以上前と変わらない片側1車線の古い道路を運転し、車で1時間近くかけて行かないといけないのは時間の無駄だし苦痛です。

過疎化の田舎の不便さを痛感しました。イオンなんて、ユニクロ西松屋より遠いですから。

産前産後のホルモンバランスの乱れ、思った以上の田舎、夫と離れた暮らし、実家のごちゃごちゃ感などで荒ぶる心を落ち着かせるために、誰にも干渉されないプライベート空間(息子や赤ちゃんは一緒だけど)は絶対に必要でした。それを確保できただけでもこの里帰り生活は良かったです。

 

 

おわりに

実家は苦痛だ!田舎はつまらん!過疎化とか最悪!などと言ってきましたが、産前産後の里帰りができることはありがたいものです。

加えてこの2ヶ月、3歳の息子は保育園に通っていますが、待機児童って何?という感じでアッサリ第一希望の保育園に入れたことは助かりました。保育士さんもベテランさんが多く、中には両親の知り合いの方も数名。園長先生も母の知り合いで、離職率も低いのだとか。安心して通わせています。

「早く自宅に帰りたい・・・」と思う時もありますが里帰りも残すところあと1ヶ月。もう開き直ってゆっくりのんびりするつもりです。

 

 

 

▼里帰り中のその他の記事はこちら 

damarin.hatenablog.com 

damarin.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

2017年にやりたいことを振り返る

今年も気づけば半分を過ぎてしまいました。

今年の初めに2017年にやりたいことという記事を書いたのですが、この半年間でどのくらい目標達成に向けて進んだのかを見ていこうと思います。

f:id:damarin:20170710101257j:plain

 

 

2017年にやりたい15のことの進捗状況

  1. 本を10冊読む→1冊
  2. 外食を月4にする(減らす)→✖︎
  3. 料理のレパートリーを10増やす→✖︎
  4. シナモンロールを作る→✖︎
  5. 卵なしのお菓子を5種類作れるようになる→4種類
  6. ブログを有料版にする=ブログで収入を得る→✖︎
  7. ブログ更新を習慣化→✖︎
  8. 刺繍作品を3つ作る→2つ
  9. うどんやそば用のざるを買う→✖︎
  10. 誕生日(夫)かクリスマスにサプライズプレゼント→✖︎
  11. トイレトレーニング→トイトレ中
  12. 誕生日(息子)までに毎年恒例の写真まとめをつくる→✖︎
  13. やわらかい気持ちで育児する→気をつけている最中
  14. 幼稚園の園庭解放に行く→✖︎
  15. 無事に出産する→◯

▼当時の記事はこちら

damarin.hatenablog.com

 

 

この半年間でできたこと・現在進行形なこと6つ

1、本を10冊読む

1冊だけ読みました。

ここでいう本は、暮らし系や料理本やあらゆる雑誌以外の、小説・マネー系・エッセイといった普段私が読まないタイプの本のことです。

 

2、卵なしのお菓子を5種類作れるようになる

以前記事にしましたが、4種類は達成しました。

damarin.hatenablog.com

0歳から卵アレルギーがあった息子は3歳になり、アレルギーの数値が下がってきたこともあり卵を使ったお菓子類は食べられるようになりました。今後は卵を使ったお菓子を作ってあげたいなあと思うので、この目標はここで終わりかな。

ちなみに卵そのものはまだNG、というより与えるのがまだ怖い。次回のアレルギー検査で許可が出てからと考えています。

 

3、刺繍作品を3つ作る

里帰り中なので暇な間に2つできました。

目標まであと1つ。目標達成できたら新しい刺繍の本を買うつもり。

 

4、トイレトレーニング

今やってます。

保育園ではできてるようですが、家ではトイレに誘っても「行かない」と言う時もあるし、排便はやっぱりいつもオムツの中です。

 

5、やわらかい気持ちで育児する

できている時もあるしできない時もある。

3歳息子、だいぶ敏感になってきて私がピリピリしている時にワザとふざけたり言うことを聞いてくれなかったり。そういう時こそおおらかな気持ちで付き合ってあげたいです。

 

6、無事に出産する

無事に出産しました。

二人目だからかな、お産の進みも早く、切れたり会陰切開することもなくあっという間にドゥルンと生まれました。なので産後の回復も早かった。新生児育児も経験済みだし一人目とは大違いでした。

とはいえ陣痛と出産の痛みはヤバかったけど。

様々なニュースがある中で、母子ともに健康で安全な今があることに感謝です。

 

 

この半年でできなかったこと9つ

  1. 外食を月4にする(減らす)
  2. 料理のレパートリーを10増やす
  3. シナモンロールを作る
  4. ブログを有料版にする=ブログで収入を得る
  5. ブログ更新を習慣化
  6. うどんやそば用のざるを買う
  7. 誕生日(夫)かクリスマスにサプライズプレゼント
  8. 誕生日(息子)までに毎年恒例の写真まとめをつくる
  9. 幼稚園の園庭解放に行く

んー。全て、里帰り中の赤ちゃん育児中という理由をつけてできていないものばかり。自宅に戻ったら考えます。笑

 

 

おわりに

ひとまず2017年、半年が終わったので年初めに立ててた目標を振り返ってみました。正直忘れてたこともあり、意識を高くして残りの半年を過ごしていきたいな。

まずは近場でできるブログ更新を習慣化しはじめたいです。

 

 

 

 

里帰りで気になるネット環境

里帰りする前に気になっていたことの1つに、ネット環境がどうなるんだろうということがありました。

自宅はWi-Fiが飛んでいるのでネットし放題。一方、実家は60代夫婦2人で暮らしておりネット環境とは無縁の暮らしです。


そして過疎化の進む田舎。近くにWi-Fiがあるカフェや図書館はない。車で50分くらいのところにスタバがあるけど遠すぎて。田舎暮らしでネット環境を離れてのんびり、、、と、言いたいところですが、無理でした!

その状況をどのように克服(?)し、ブログを書いているのかについてまとめていきます。

f:id:damarin:20170608153742j:plain

 

ドコモのシェアパックのプランを使っています

スマホはドコモで、iPhoneを使っています。

先月は、シェアパック5GBと前月繰り越し分の3GB、合計8GBでなんとか持ちこたえました。

何かを調べたり、ブログを見たり書いたり、ツイッターを見たり書いたり、FaceTimeをしたり、写真や動画を送ったり送られたり、ちょこちょこネットに接続してしまいます。

悲しいかな私はネット依存だということが分かり、依存者にとって先月のプランだと少し不自由だったため、今月からはデータ量を15GBのプランに変更してもらいました。

(モバイルやデジタルの素人なりに、Wi-Fiルーターのレンタル?とかも考えましたが、2年契約のしばりがあったり、スムーズに繋がるのかよく分からなかったため、ドコモに頼ることにしました。)

 

 

そんな環境でブログを書いている

Wi-Fiが飛んでいない実家ですが、iPhone(ドコモ)をデザリングして、MacBook Airでブログを書いています。


デザリングって何?

私はドコモでデザリングしています。(この言い方正しいのかな?)

▼デザリングについてはこち

テザリングとは | サービス・機能 | NTTドコモ

他のところは知らないけど、ドコモはデザリングが無料でできるというのがありがたいです。

 

iPhoneからデザリングでMacBook Airをネットに繋ぐ

①準備するもの

 

iPhoneでの作業

設定→インターネット共有→インターネット共有をオンにする

 

MacBook Airでの作業

画面右上のWi-Fiマーク→Wi-Fiを接続する→◯◯のiPhoneをクリック


以上!これでパソコンがネットに繋がるよー。とっても簡単。

 

 

ブログを書くのにどのくらいのデータ量が必要なの?

どうなんでしょう。
この記事では200MB程度を使っている様子です。

  • 本文はスマホやパソコンのメモで書く
  • デザリングしてパソコンをオンラインに
  • メモをはてなブログにコピペ
  • オフラインでブログ記事を編集(編集はできる。プレビューは見れない。)
  • 画像を専門サイトなどからダウンロード
  • ダウンロードした画像をはてなブログにアップロード
  • ブログを訂正したりリンクを貼ったりプレビューを確認
  • ブログを公開
  • 公開した記事を確認してデザリング終了

こんなかんじの作業です。

赤文字がオンライン作業中。オンライン状態の時はずっと「急げ急げー!」みたいな、時間に追われる精神状態でやっています。

 

 

Wi-Fiが無くて良かったこともありました

データ量節約のためにInstagramを一切見なくなったのは本当に良かったです。

他人の日常に興味があって毎日見てたけど、しばらく離れて久しぶりに見てみたら今の私にとっては雑音に思えた。インスタ離れができたことは良かったです。ま、ツイッターとブログは見ていますが。

 

まとめ

  • ネット環境のない実家に暮らすことになった
  • スマホのデータプランは15GB
  • iPhoneからのデザリングでMacBook Airをオンラインに繋げることができる

Wi-Fiがない環境でも、iPhone(ドコモ)のデザリングでMacBook Airでブログが書けました。

 

おわりに

15GBと言ってるけど夫とのシェアパックです。

夫の住んでいる自宅はWi-Fiがあるけど、外で2GBくらい使うと考えると私の取り分は13GBくらい。それでも今月は快適なネット生活ができるんじゃないかなーと思っています。

 

 

 ▼関連記事

damarin.hatenablog.com

 

damarin.hatenablog.com